名古屋 クレンジング

洗いすぎ注意!クレンジング見直してみませんか?

スキンケアしても肌トラブルが気になるのは、クレンジングに原因があるかもしれません。
洗いすぎは肌に禁物。
クレンジングを見直して、肌トラブルとじっくり向き合ってみませんか?

肌トラブルの原因、クレンジングにあるかも?

名古屋 クレンジング

  • 洗顔後の肌のつっぱり
  • ほおの丸い毛穴の開きが目立つ
  • 日中の肌の乾燥が気になる

そんな人は、クレンジングを見直した方が良いかもしれません。
メイク落ちの良さでクレンジング剤を選ぶと、少しずつ肌に負担がかかっていきます。
メイクをスッキリ落としたいから、と洗浄力の強さ重視でクレンジング剤を使い続けると、肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

私たちの肌は、皮脂が表面にあることで、様々な刺激が肌に侵入しないように守られているのです。
また、肌内部の水分が蒸発しないようにする働きもあります。

洗浄力の強いクレンジング剤は、脱脂力も強いものが多く、必要な皮脂も汚れと一緒に洗い流してしまいます。
皮脂が不足すると、肌が乾燥し、肌は潤い補給のためにひ過剰に皮脂を分泌するようになります。
皮脂が過剰分泌すると、毛穴の開きが目立ったり、角栓が大きくなって毛穴に詰まってニキビ、黒ずみができたりと、毛穴トラブルが起こりやすくなるのです。

クレンジングはメイクの濃さで使い分けよう

日常的に使うのはクリームがおすすめ

クレンジングは、

  • オイル
  • リキッド
  • ジェル
  • クリーム
  • ミルク

主に5つのタイプに分けられます。
洗浄力の強さも上記の順番になります。
おすすめはクリームクレンジングです。

クリームクレンジングは、クレンジングの中で界面活性剤の配合量が少なく、洗い上がりが乾燥せずしっとりとします。
クリームクレンジングの中でも、石油系界面活性剤や鉱物油不使用のもの、保湿成分が配合されているものがベストです。

クリームクレンジングは洗ってもぬるっとする、という声がありますが、乳化させればスッキリと洗い流せます。

クリームを肌にのせて優しくなじませたら、クリームがふっと軽くなり、オイルのようなテクスチャーになります。
お湯を少しだけ両手につけ、肌のクリームとお湯の水分をなじませ、ミルクのようになったら洗い流しましょう。

ハードなメイクには植物油ベースのオイルクレンジングを

洗浄力が最も強いオイルクレンジングですが、毛穴に詰まった汚れをしっかり落とせるので、落ちにくいしっかりメイクの時に効果的です。
プチプラのものではなく、主成分が植物由来のオイルを使っているものを選びましょう。

主成分は、成分表示のトップに表示されているものです。
植物由来のオイルベースでも、オイルクレンジングの後はいつも以上に念入りな保湿を。
洗顔後はすぐに化粧水で保湿しますが、化粧水は2、3度重ねづけしましょう。
肌が水分でひんやりしたら、潤い満タンのサインです。

コスメカウンターで自分の肌状態を知ろう

クレンジングを見直す前後に、肌診断をすると肌の変化がしっかり理解できますよ。
名古屋のJR高島屋3階にあるコスメティックカウンターでは、なんと無料で肌診断が受けられるんです。

高島屋のウェブのマイページ会員になれば、予約をして無料で60分または90分の肌診断が受けられます。
専用の機械を使って測定し、肌の状態に合わせてスタッフが様々なブランドのコスメからぴったりのアイテムを提案。
肌調子の悪さを感じたら、スキンケアの見直し前に肌診断を受けて、これからするべきケアについて考えてみましょう。

関連記事一覧