名古屋でおすすめのお土産にしたい和菓子5選

グルメの街、名古屋。B級グルメはもちろん、昔から地元民に愛されるお菓子やおしゃれなスイーツなど、おいしいものがたくさんあります。中でもお茶の文化が昔から定着している名古屋では、おすすめの和菓子がたくさんあるんです。
お家にお招きされた時や県外の友達へのお土産を考える時に「ちょっと和菓子をお持たせに使いたい!」と思っても何を購入したらいいかわからないということが多いですよね…。
そこで今回は、お出かけの際にアクセスのよい名古屋駅近辺で購入できるお店を中心に、名古屋のお土産にぴったりな和菓子を厳選してご紹介します。

【期間限定の名古屋銘菓】『一口水ういろう』

はじめに紹介するのが、 JR名古屋タカシマヤ 地下1階にある『銘菓百選』で取り扱いのある「餅文総本店」の『一口水ういろう』です。

南区に本店を構える「餅文総本店」のういろうの中でも、4月中旬から8月しか取り扱いのないこの『一口水ういろう』は特別なおいしさなんです。
味は、こしあんと抹茶の2種類。冷やしていただくこのういろうは、他のういろうよりもぷるんとした食感が特徴です。ぷるんともちもちで上品な甘さのういろうは、一口サイズなので年配の方への手土産としてもおすすめです。
期間限定のこのういろう、是非、一度お試しください!

住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 B1
営業時間:10:00~20:00
定休日:無し(年末年始は除く)

【名古屋名物ともいわれる人気のわらび餅】芳光『わらび餅』

続いてご紹介したいのが、 JR名古屋タカシマヤ 地下1階にある『銘菓百選』で取り扱いのある「芳光」の『わらびもち』です。

「芳光」は名古屋でも1,2を争うわらび餅の名店。食べログ百名店2019にも選ばれた人気店です。お店は東区にありますが、実は名古屋駅直結の高島屋でも購入することが可能なんです!!しかも、予約も可能。(取り扱いは、毎週月曜日、木曜日、そして高温期(7月~9月)は製造を中止、と限りがあるためお気をつけくださいね。)

人気のわらびもちは、とろとろと口の中でとろけるお餅と上質なこしあんが何とも絶妙な味わい。上品な甘みで特別なおもたせにもおすすめの一品です。どこに持って行っても恥ずかしくないお菓子ですよ!

住所: 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 B1
営業時間:10:00~20:00
定休日:無し(年末年始は除く)

【高島屋で購入できるおしゃれ和菓子屋】花桔梗『花どら』

続いてご紹介したいのが、 JR名古屋タカシマヤ 地下1階にある「花桔梗」の『花どら』です。

「花桔梗」は瑞穂区に本店を構える人気の和菓子屋さん。
その「花桔梗」のお菓子の中でも特におすすめしたいのが『花どら』という小さなどらやきのような和菓子です。
そとの皮はもちっと、中の粒あんはこれまた上品な甘さでいくつでもぱくぱくといけてしまう美味しさです!!女性ウケ抜群のお菓子といっても過言ではありません。
そのほか、季節で中のフルーツが変わる「フルーツ大福」などもとてもおいしいです。お茶に合う和菓子の数々を取り扱うお店のため、色々と購入するのもおすすめです!

住所: 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 B1
営業時間:10:00~20:00
定休日:無し(年末年始は除く)
URL:http://hanakikyo.com

【人気なのはゆかりだけでない!】坂角総本舗『さくさく日記』

最後にご紹介するのが、ゆかりで有名な「坂角総本舗」の『さくさく日記』です。

「坂角総本舗」はJR名古屋タカシマヤや名鉄百貨店、キヨスクなどさまざまなところで取り扱いのある、名古屋を代表する銘菓を扱うお店です。
「ゆかり」といえばほとんどの方がお土産にしたことがあるのではないでしょうか。
今回、ご紹介するのは『さくさく日記』という一口サイズの揚げせんべいです。味は、ホタテとエビとあります。
一口サイズの揚げせんべいが1袋にいくつか入っているため、ボリュームもあるのに1袋がなんと100円(税抜)ととってもリーズナブル!味はもちろん、パッケージもかわいいためお子さんがいらっしゃる方への手土産にもうってつけです。ゆかりしか買ったことがない!という方は、是非一度、試してみてください。

※JR名古屋タカシマヤ店
住所: 愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 B1
営業時間:10:00~20:00
定休日:無し(年末年始は除く)

まとめ

名古屋にある和菓子の中でも、名古屋駅近辺で購入できるお土産としておすすめの和菓子をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。今回は、どれも配り土産でも、まとめてお渡しする手土産でも使えそうなものをピックアップしました。お渡しする方の好みに合わせて、是非参考にしてみてください。

関連記事一覧