名古屋めし! 定番味噌煮込みうどん “たまり煮込みうどん” が食べられるお店はここ!

きしめんの味付けにも使われる「たまり」を使ったうどんもおすすめです。さっぱりとした優しい味付けが特徴の「たまり煮込み」をピックアップしました。名古屋グルメの煮込みうどんと言えば「味噌」が一般的ですよね。「すまし煮込み」「しょうゆ煮込み」とさまざまな呼び方があります。ぜひ、味わってみてくださいね!

「たまり煮込みうどん」は”味噌煮込みうどん” の隠れた裏メニュー!?

「すまし煮込みうどん」「しょうゆ煮込みうどん」とも呼ばれているこの煮込みうどんについて、今回はご紹介していきましょう!!
名古屋で「煮込みうどん」と言えば、思い浮かぶのは「味噌煮込みうどん」ですよね?
でも、実は、味噌煮込みうどんよりも先に「たまり煮込みうどん」というものがあったのだそうです。

名古屋の「煮込みうどん」の歴史!

時代を経て、味も見た目もインパクトのある「味噌煮込みうどん」が主流となり、”すまし” の煮込みうどんはメニューから姿を消してしまったのだとか。
それでも、すまし煮込みうどんは今でもちゃんといただけるんですよ!
以前は、名古屋のうどん屋さんへ行くと、「煮込みうどん」「味噌煮込みうどん」というようにメニューが分かれていたのだそうです。
名古屋で食べられるお店をピックアップしてみましたので、気になる方はぜひ行ってみてくださいね。

「たまり」ってどんな調味料?

見た目はしょうゆとあまり変わりませんが、味噌のような独特の香りが特徴で、うま味成分も多いのだとか!?
たまりでだし汁を作ると、しょうゆで作るよりも濃厚な仕上がりになるそうです。
たまりというと、お刺身に使う「たまり醤油」を想像する方が多いかもしれません。
しかし、うどんやきしめんのだし汁に使う「たまり」は、たまり醤油とは異なるものです。
しょうゆが大豆と麦から作られるのに対し、たまりは大豆のみから作られます。

山本屋 大久手店

老舗ですが、リニューアルされているのでお店は新しく、内装もきれいです!
名古屋には「山本屋」と名のつく味噌煮込みうどん店がたくさんありますが、こちらは「山本屋総本家」や「山本屋本店」とは全く別物の「山本屋 大久手店」。
メニューも豊富で、お子さんからお年寄りまで食事を楽しめるお店です。

おすまし煮込みうどん

「おすまし煮込みうどん」ももちろん同様。
うどん出汁は丸みのある優しい味わいで、風邪をひいたときなどに食べたらあっという間に元気が出そうな、滋味あふれる一品です!
ひそかにファンの多いすまし煮込みです。
山本屋 大久手店の煮込みうどんは、細めの麺が特徴です。

山本屋 大久手店の詳細情報

住所
愛知県名古屋市千種区大久手町5-9-2

営業時間
【火~日】 11:00~22:00 ・間の休憩時間はございません。 ・ラストオーダーは21:30となります。

定休日
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日が休業となります。)

平均予算
¥1,000~¥1,999

山本屋 大久手店

まことや

名古屋の中心街からは少し離れますが、知る人ぞ知る味噌煮込みうどんで有名なお店です!
昭和49年創業、老舗のうどん屋さんです。
煮込みうどん系は、すべて注文が入ってから麺を切るのだとか。
もちもちした麺は「まことや」ならではです。

すましにこみ

見た目はふつうの鍋焼きうどん風ですが、麺はしっかりと「味噌煮込み風」のしっかりしたタイプです!
そのギャップが新鮮で、味噌煮込みうどんの名店でありながら、「すましにこみ」にも根強いファンがいるのだそうですよ。

まことやの詳細情報

住所
愛知県名古屋市昭和区壇渓通4-14

営業時間
11:00~20:30

定休日
金曜日

平均予算
¥1,000~¥1,999

まことや

いかがでしたか?
どうしても、味噌煮込みうどんのインパクトが強いので、なんとなく影の薄い存在になってしまっているようですね!?
たまりの煮込みうどんは、実は名古屋でも知らない人が多いんです。
でもこうやって見るとなんだかとっても美味しそうではありませんか?
たまりのコクとうま味を味わってみたくなります!!
次回は、味噌煮込みうどんの代わりに、たまり煮込みうどんにチャレンジしてみませんか?

関連記事一覧