愛知県でおすすめのサーフィンスポット!大会や体験スクール情報まとめ

愛知県は太平洋に面しており、中でも伊良湖はサーファーには有名なサーフスポットです!
そこで今回は、伊良湖のおすすめ波乗りスポットをご紹介します。

※伊良湖の潮の流れはきついので、特に初心者の方は流されないよう細心の注意を払った上で楽しんでくださいね!後半では初心者さん必見スクール情報も記載しています。

サーフィンの大会も行われる『伊良湖ロングビーチ』

伊良湖で一番メジャーなサーフィンスポット!

ヤシの木が道路沿いに並びロケーションも良く、トイレ、駐車場、シャワールーム、足洗い場も完備されているので家族で来ても安心です。

東風の影響が少なく絶えず波にうねりがあります。波のサイズが上がると東風や西風によって左右に流されたり、岩の方に吸い寄せられる流れもできてしまい事故が絶えないので、気をつける必要があります。

こちらのロングビーチでは、各国の代表選手が集うサーフィンのワールドカップともいわれる世界的ビッグイベント「アーバンリサーチ ISA ワールドサーフィンゲームス」2018年に開催されました。

波質の良さで知られる『伊良湖 ロコ』

駐車場が完備されており、多く人が集まるスポットですが、どちらかというとロングボードの人が集まりやすいスポットです。

右側に堤防があるので、北西風や西風を軽減できます。堤防が延びたことにより堤防際に向かってのグーフィーの波も現れます。堤防に吸い寄せられていく流れが頻繁に発生するため、堤防にむかっている流れには乗らないよう心がけたほうがよいかもしれません。

ロングビーチと同様に波質の良さでも知られており、大会も行われています。
2019年8月4日にはロコからロングビーチにかけて「ASU真夏の祭典」という大会が開催されます。

『伊良湖 全日本』

人が広範囲に渡る人気のサーフスポットで波待ちしている人も多いので順番には注意が必要です。

厚めの波が多いのが特徴。丘の上で見ていたよりも実際の波が高いことがあります。

『伊良湖 新日本』

サーフィン初心者から上級者まで人が多く常に混んでいるので、お互いに配慮をしないとトラブルに発展する可能性もあるので気をつけたいところです。

沖にテトラポットがあり新日本独特の綺麗な三角な波が発生しやすいのが特徴です。正面には岩があり、干潮時には見え隠れしているのでいいのですが、満潮時にはわかりにくくなるため注意が必要です。

『伊良湖 先端』

その名の通り渥美半島の先端にあるスポットで、中級者以上の向けです。

右側のテトラの堤防のところには強烈な流れが発生しやすく危険なので、初心者は立ち寄らないことをおすすめします。

愛知県のおすすめサーフスクール

サーフィンができる人ってかっこいい、そう思ってサーフィンを始めたいと思ったのならば、やはり最初はスクールに通って基礎を学ぶのが一番です。初めはボードの上に立つことさえ難しいですが、かっこよく波に乗れることをイメージして根気よく練習を続けましょう。愛知県内のおすすめのサーフスクールがこちらです。

初めて体験する人も安心!現役プロが指導する『伊良湖サーフスクール』

現役のプロサーファーが指導するこちらのスクールは初心者はもちろん、レベルアップをしたい人向けのレッスンやサーフィン講師養成講座まであります。
初めて体験される人には嬉しい、ボードとウエットスーツのレンタル料込みで6,000円とお得にしっかり2時間指導をしてもらえます。

住所:愛知県田原市赤羽根町西瀬古66-1
電話:080-3672-6227

名古屋から海までの送迎ありで便利『JP SURFING SCOOL』

名古屋駅付近から現地までの送迎付きなのがこちらのスクール。もちろんレンタルも付いているので初心者の方でも安心して始められます。初心者コース、経験者コースに加え、マンツーマンで4時間みっちりレッスンしてもらえるプライベートコースもあります。

住所:名古屋市西区栄生1-19-19
電話:052-586-1304

初心者にお得なセット料金が嬉しい『KEEPER SURF STATION』

車を持っていなくても提携のレンタカー会社があり、レンタル料もスクールの料金に含まれているのが嬉しいこちらのスクール。
午前か午後2時間のコースと午前中2時間のレッスンを受けランチをした後午後はそのままレンタルボードで練習ができるコースがあります。こちらはランチもスクール料金に含まれています。

住所:愛知県田原市赤羽根大道浦47-6
電話:0531-45-3456

まとめ

愛知県のおすすめサーフィンスポットや、体験スクール、サーフィンの大会についてご紹介しました!
一見難しそうなサーフィンですが、波に乗れるようになるとハマること間違いなしです。初心者が無知の状態で行くと危険な場所もあるので、しっかりと下調べをし、自分に合ったサーフィンスポットで安全に練習をしてくださいね!

関連記事一覧