名古屋に来たらこれを食べなきゃ帰れない!ランキング上位のおすすめ名古屋めしまとめ

名古屋人なら誰でも1度は口にしたことがある、「名古屋めし」。
今回は、ジャンル別におすすめの名古屋めしをまとめて紹介します!
名古屋人の方は、観光に来た友達に紹介できるように、観光で訪れる人はこの記事をぜひブックマークして、バイブルとしてお使いください!

【麺類編】おいしい味噌煮込みうどんが食べられる「山本屋総本家」栄

まずご紹介したいのが栄から徒歩7分のところにある「山本屋総本家」

味噌煮込みうどんと聞いて誰もが思いつくのは「山本屋総本家」と言っても過言ではありません!
熱々の鍋で食べる味噌煮込みは、鍋の蓋は取り皿として利用するんです!(ちょっと驚きですよね!)そのため、蓋には蒸気を逃す穴がないように作られています。

名古屋ならではの赤味噌のスープに、コシのあるうどんが見事にマッチしていて、やみつきになる方が続出!口コミも好評で、1度は食べときたい味です!

また、お土産用もあるので、自宅でも簡単に名古屋めしが味わえます。

住所:名古屋市中区栄3-12-19
アクセス:地下鉄「矢場町」駅・「栄」駅より徒歩7分

【麺類編】実は名古屋発祥の名物!台湾ラーメン「味仙」今池

「台湾」の名がつくため、名古屋とは無縁の食べ物とは思いきや、実は違う台湾ラーメン。

テレビの影響で名古屋以外にも全国に名を広めた台湾ラーメンの名前のルーツは、1970年代に台湾人の店主が作ったことから由来しています。(出典元は味仙公式ホームページ)熱々の麺にひき肉と香辛料が乗った台湾ラーメンは、食べているうちにだんだんと汗ばんできます。この辛さが名古屋人の心を揺すぶるのです!笑 また、平日夜はサラリーマンも多く、居酒屋のような雰囲気になるので、大人数で楽しむのもアリです!

住所:名古屋市千種区今池1-12-10
アクセス:地下鉄「今池」駅より徒歩1分

【定食編】行列はもはや避けられない!ひつまぶし「あつた蓬莱軒」金山・熱田

熱田神宮の近くに本店を構える、「あつた蓬莱軒」。休日はもちろんのこと、平日のランチ帯でも混雑が絶えないことが多く、早めに並ばないと入れないこちらのお店。「ひつまぶし」という名称を登録商標していることもあり、老舗の中の老舗ともいえます。そんなひつまぶしの特徴は、創業当時より継ぎ足されている秘伝のタレと、備長炭で焼いたこだわりのうなぎ!落ち着いた和の雰囲気が漂う店舗なので、愛知県民はもちろんのこと、観光客も押さえておきたいお店です。

住所:名古屋市熱田区神戸町503
アクセス:地下鉄「伝馬町」駅より徒歩3分

【定食編】名古屋めしの定番!ランチもおすすめ!味噌カツ「矢場とん」栄

豚のキャラクターでお馴染みの矢場とん。近年では名古屋以外のエリアにも店舗が増えてきました。

名古屋の味である味噌とマッチするとんかつは、家庭ではなかなか表現ができない味。その中でも人気のメニューは、アツアツの鉄板で提供される「鉄板とんかつ」。鉄板の上に乗ったとんかつに、味噌ダレがかかっているので、「ジュージュー」とおいしそうな音とともに味わえるので、食事を楽しみたい方にはぜひ味わってほしいメニューです。

また、たくさん食べたい方におすすめなのは、「わらじとんかつ」。わらじをとんかつに見立てているので、2枚の大きなとんかつを楽しめ、さらに味噌だけでなくソースでも楽しめるので絶対に外せないメニューです。

住所:名古屋市中区大須3-6-18
アクセス:地下鉄「矢場町」駅より徒歩5分、「上前津」駅より徒歩7分

【居酒屋編】名古屋めしといえば!元祖手羽先「世界の山ちゃん」名駅

最後にご紹介するのは、名古屋めしといえば「手羽先」で有名な世界の山ちゃん。

手羽先だけでなく、味噌串カツや台湾ラーメンなど名古屋めしの代表作が通常メニューにあるため、名古屋めしを堪能できる居酒屋です。名駅エリアだけで5店舗、栄エリアにも4店舗と主要の都市に多くのお店を構えているのもありがたいポイント!

住所:名古屋市中村区名駅1-1-14
アクセス:各線名古屋駅より徒歩5分

まとめ

いかがでしょうか?
今回ご紹介したのは、名古屋めしの名店中の名店なので、行かれる際は混雑も考えた上でのスケジューリングをおすすめします♪
主要駅である、名古屋駅や金山駅からもアクセスが良いお店なので、ぜひ足を運んで行ってみてください!そして、なごやめしを写真に収めて旅行の思い出にしてくださいね!

関連記事一覧