名古屋グルメ満喫!名古屋のご当地グルメと独自の食文化5選!

中部地方の大都市である名古屋といえば、定番のご当地グルメであるひつまぶしや味噌煮込みうどん、手羽先や独自のあんかけスパなど美味しい食文化が盛りだくさんあります。名古屋に初めてお越しされる方向けに今回は、女子にオススメの名古屋グルメ5選をご紹介します。

1.山本屋総本家 本家「味噌煮込みうどん」

「味噌煮込みうどん」は、名古屋で有名な食事です。
味噌煮込みうどんは、名古屋でいうご飯のおかずに相当します。

名古屋では、煮だった味噌の出汁に、歯ごたえたっぷりの太麺を絡み合わせて食べるんです。さらに美味しく頂くには、おかわりができるご飯とお漬物と一緒にうどんを食べることです。

味噌煮込みうどんは、鍋焼きうどんと似ているようで違うのがポイントです。土鍋の蓋に穴がないので、取り皿として蓋を使用し、熱々の麺を取り分けて食べるのが名古屋流の美味しい食べ方です。

明治40年に創業された「山本屋本店」では、伝統的な作り方で味を守り続けている老舗店です。昔から続く味噌煮込みうどんをいただくことが出来ます。

山本屋総本家 | 味噌煮込みうどん

2.あつた蓬莱軒「ひつまぶし」

名古屋グルメの代表である「ひつまぶし」。日本全国でも有名で食べる機会のあるウナギのかば焼きや鰻丼とは違うのが「ひつまぶし」。ひつまぶしは、鰻を細かく刻むことで鰻丼とは、全く違う味わいになる独特なことも名古屋流のポイントです。

また、ひつまぶしは、1回で3度鰻の異なる味を楽しめるのがポイントです。
薬味をのせたり、お茶漬けにしたりと、思う存分に鰻を味わうことが出来ます。

「ひつまぶし」という名前の由来は、大きなお櫃で鰻とご飯を混ぜる(まぶす)ことから、ひつまぶしになったことが始まりです

最初に、明治6年に創業しひつまぶし食をはじめに提供したのが「あつた蓬莱軒 本店」です。全国的に「ひつまぶし発祥のお店」として知れ渡ったことから大人気のお店です。

ひつまぶし「あつた蓬莱軒」

3.スパゲティハウス チャオ「あんかけスパ」

一番人気【ミラカン】

麺文化に親しまれていることでも有名な名古屋。「あんかけスパ」も名古屋の食文化の一つなんです。中華料理にも見えるあんかけスパは、実はイタリア発祥のパスタにつながりがあります。

昭和40年頃に、イタリアの郷土料理からひらめいた料理が、名古屋全体に広まり名古屋名物料理になりました。
名古屋で親しまれている「あんかけスパ」専門店であるスパゲティハウス チャオ。2.2ミリのパスタと牛肉やトマトをはじめとする数種類の野菜、スパイス、ハーブ、そしてきつね色になるまで炒めた玉ねぎなどを煮込んだ特製ソースが麺に絡みあうパスタ料理です。

唐揚げやほうれん草、エビフライ、豚キムチ、オムレツなど豊富なトッピングも魅力です。

スパゲティハウス チャオ

4.味噌カツ「矢場とん 矢場町本店」

名古屋名物の肉料理である味噌かつ。とんかつに味噌をかけをかければ味噌カツになるのではと考えるかたもいるかもしれません。しかし、名古屋の味噌カツは、濃密な味噌がポイントなんです。

昭和22年に創業したの老舗のお店である「矢場とん。南九州産の豚肉を使用し、独自のパン粉でふわっとそしてとサクッと揚げて作っています。

味噌カツに欠かせない味噌は、秘伝のみそだれ味が基本です。一年半熟成させた天然醸造の豆味噌を使用し、ゆっくりと時間をかけ丁寧に作りあげているから美味しい濃厚な味噌カツを作ることが出来ます

味噌カツ 矢場とん

5.味仙「台湾ラーメン」

元祖台湾ラーメンの店

名古屋発祥の麺料理「台湾ラーメン」。台湾ラーメンという名前から名古屋料理とは知らない方も多いのではないでしょうか。

始まりの昭和40年代に、台湾出身の創業者が台湾で小皿に盛って食べる「台仔(タンツーメン)」を辛く作り上げたことからなんです。

特徴は麺の上に濃密な炒めたひき肉とニラそして、鶏ガラスープとで、ふんだんの唐辛子を入れることで旨辛ラーメンが出来るのです。

味仙

まとめ

名古屋には、たくさんの美味しい名古屋名物料理があります。

味噌を使用した定番の味噌カツや、味噌煮込みうどんはもちろんのこと外国からヒントを得ることで、オリジナリティー溢れる台湾ラーメンなどと名古屋には多様な料理で溢れています。ぜひ、名古屋名物や独自食文化を楽しんでみてください。

関連記事一覧