サムネイル

東海地方もいよいよ?いざ地震の時は何を用意しておけば良いの? 家に置いておくと便利な地震防災グッズ!

地震や災害の際の防災グッズは準備してありますか?ご家族で住んでいる場合には、家族人数分用意してある家庭も多いと思いますが、特に若い人や一人暮らしをしている方の場合、防災グッズをきちんと用意しているという場合は少ないのではないでしょうか?いざ地震が起きた時に慌てないよう、ご家庭に置いておくべき防災グッズをご紹介します。

  • 更新日:

防災グッズ1:飲料水

避難場所やコンビニ、スーパーでも不足が予測されるのは、飲料水です。
家庭に常備しておくことはもちろん、外出時に災害が起きた場合に備えて、常に持ち運びしておくと良いでしょう。

防災グッズ2:食料品

ガスや電気を使わずに食べられる、日持ちの長い乾パンや非常食を常備しておきましょう。
地震や災害時のガスや水道は復旧までに3日間は見ておいた方が良いとされているので、3日間分のお水と食品があると安心です。

防災グッズ3:衛生用品

地震や災害に巻き込まれてケガをする場合があります。特に普段より慌てているので、不注意に巻き込まれるケースも多いです。その場合に備えて、消毒液や絆創膏、包帯を用意しておきましょう。
また、避難場所ではストレスがかかることもあるので、女性は生理用品を持っておくといざという時に安心できます。
赤ちゃんがいるご家庭は、おむつやウエットティッシュ等を携帯しておくと良いでしょう。

防災グッズ4:懐中電灯

ラジオ付き懐中電灯

出典 https://amzn.to/2NjNMDP

停電の時に備えて懐中電灯を持っておくと良いでしょう。今ではペンタイプの小さくて軽いものや持ち運びに便利な種類の懐中電灯がたくさん販売しています。
暗闇の中では何もすることができないので、予備の電池も忘れず、懐中電灯を保持しておきましょう。

防災グッズ5:液体用歯ブラシ、水のいらないシャンプー

忘れてしまいがちなのが、歯ブラシやシャンプー類。
ガスや水、電気が止まってしまっては、髪や歯を洗えない場合があります。
そんな時に水を使う必要が無い液体歯ブラシや、水を使わずに洗えるシャンプーを持っていると、清潔に過ごすことができます。

防災グッズ6:カイロ

冬場の寒い時期に災害に巻き込まれてしまうと、避難場所や家庭ではガスが使えず、
寒い夜を過ごすことになります。
そんな時に便利なのがカイロです。
寒い時期は、体が温まるだけでも気持ちが落ち着きます。

まとめ

これさえ有れば安心♪

出典 https://amzn.to/2PGHafw

今回は、災害時に備えておきたい防災グッズをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
最近では、LOFTや東急ハンズなどの量販店やインターネットで必要なものが全て詰まった防災グッズバッグが売られています。一人用や女性用、お子様用など多機能なセットも揃っているので、自分に必要な防災グッズを探して家庭に常備しておくことをオススメします。

いざという時に、万全の備えをしておきましょう。