サムネイル

お出かけするなら!日本の四季を感じながら散策できるスポット「徳川園」

名古屋の観光地として有名な場所といえば、名古屋港水族館、東山動物園、名古屋城などが定番です。 でも、まだまだ知られていない、インスタ映えも間違いなしの観光スポットがあるんです! 今回は日本庭園「徳川園」をご紹介いたします。

  • 更新日:

徳川園とは?

徳川園は、池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)です。
池泉回遊式庭園とは、庭の中心に池を設け、橋をかけます。
その周りに小道をつくり、園内を歩いて見て回る庭園のことです。

池を取り巻く環境は日本の美しい四季を表しており、四季に咲く花、樹木が植栽されており、観光客の方に春夏秋冬、どの季節にいつ訪れても楽しんで頂けるように考えられています!
種類としては、新緑や紅葉、ボタン、ハナショウブ、ヒガンバナ、ツバキなど。
これらはほんの一例で、季節によって、もっと様々な種類の草花、樹木が植樹されているんですよ〜!

今の時期だと、ハナショウブ。
これからの時期はヒガンバナや、紅葉を楽しむことができます。

また、徳川園のボタンは約55種類となっており、品種改良が進み、年中鑑賞することが出来ます。特に4月中旬から下旬にかけては、大きな大輪の花弁を開花させた数千のボタンが一斉に咲き乱れます。

ボタンとバラ園もありますので、絶対に見ておきたいインスタ映えのスポットのひとつです。紅色、桃色、黄色など、色とりどりの牡丹を観ることができます。
四季それぞれに庭園中を楽しめることが嬉しいですね!
庭園中が写真スポットとなりますので、綺麗な草花たちと思い出をたくさん残すといいですね。

美しい景色を眺めながら・・・

徳川園の園内には「ガーデンレストラン徳川園」という食事処が3店舗あります。
庭園を散策した後にでも一息つくのはいかがでしょうか。いずれも和風レトロな空間に包まれて、目の前に広がる美しい庭園を眺めながら食事を楽しむことができます。

1.フレンチガーデンレストラン徳川園

メニューはすべてコース料理となっております。
フレンチの伝統に和を見事に調和させたフランス料理をお愉しみいただけます。少し値は張りますが、ランチもありますので、お手頃に食事が出来ますよ。

2.蘇山荘

有形文化財にも登録された歴史的建造物でお昼はカフェとして軽食を、夜はダイニングとしてお愉しみ頂けます。 カフェタイムには昔懐かしの洋食や名古屋めしなどを頂けます。ディナータイムは、和とフレンチを調和させた料理をお得に頂くことが出来ます。

3.ガーデンホール

30名様以上のからの予約にはなりますが、宴会会場として入店できます。和食と多国籍料理のバイキングとなっており、様々な料理を堪能することが出来ます。

まとめ
いかがでしたでしょうか?
季節によって色んな楽しみ方があるというのは嬉しいですよね。目の前に広がる美しい景色が、日頃の疲れをリフレッシュするのにぴったりな場所です。その他にも、結婚式の前撮りや、和の結婚式会場としても人気が高い徳川園。ぜひ、一度足を運んでみてくださいね。