サムネイル

たっぷり遊んだ名古屋女子必見!日焼け肌の正しいアフターケアとは?

この夏は晴天の日が多く、海や山など外でのイベントを楽しんだ方も多いのではないでしょうか?そんな時にうっかりやってしまうのが、日焼け。 日焼け止めを塗っていても、こまめに塗り直さないと日焼けしてしまったり、 海に入ると日焼け止めが落ちて、そのまま日焼けしてしまいますよね。

  • 更新日:

①しっかり肌を冷やす

強い紫外線を浴びて日焼けした後は、体が火照って炎症を起こしている状態なので、
まずはしっかりと日焼けした部分を冷やすことが大切です!
冷たいシャワーで体の火照りを減らし、アイスバッグや氷水で冷たくしたタオルで体を
覆いましょう。
体が熱いからといって直接氷を体に当てると、ヒリついたりすることがあるので、
直接当てず、ガーゼや薄手のタオルを使うようにすることをおすすめします。

②保湿ケアをする

日焼けした肌は、水分が奪われて、通常時の肌と比べて、とても乾燥していて、まさに砂漠の状態です。顔の日焼けであれば、化粧水をたっぷりと付け、シートマスクをし、たっぷりと保湿クリームを塗ると良いと思います!体の日焼けであれば、体を冷やした後に、いつもより丁寧にボディクリームを塗り、場合によっては、ローションを体の気になる部分に先につけるとより保湿されます。

③体をこすらない

日焼けは肌にとてもダメージを与えています。肌が弱っているので、日焼け部分は、肌が落ち着くまでは、なるべくこすらないようにすることも大事です!皮向けが起きやすい状態になっているので、体を洗うときは、ゴシゴシせず優しく洗う、衣服も体を締めつき過ぎないもの等工夫すると、日焼けのダメージを最小限に抑えることができるでしょう。

④栄養の良い食事

日焼けした後は、外からの対処も重要ですが、体の内側からできる対処法もあります!
ビタミンCは、肌の代謝をアップさせたり、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑えてくれる働きがあるので、日焼けした後は、意識して摂取するようにすると良いでしょう。

さらに、タンパク質はターンオーバーを活性化させてくれるので、こちらも意識して食べるようにすると良いかと思います!

⑤予防を忘れずに

最後に、肌のダメージを抑えるために、外出する際はこまめに日焼け止めを塗り、
日傘や帽子、サングラスなどで紫外線を防ぐようにしましょう。
最近では、飲む日焼け止めサプリも販売されています。飲み続けることで、体全身の日焼けを防いでくれる効果もあるので、面倒くさくて忘れてしまう方や、肌が弱くて日焼け止めがぬれない方におすすめです!

今回は、日焼けした後にできる対策をご紹介しました!
夏を最後まで楽しみたい!とレジャーや海や屋外ライブなど、夏ギリギリまでイベントを入れている方は、ぜひこの方法を試してみてくださいね!