サムネイル

秋になる前にやっておきたい、季節の変わり目にやってくる肌荒れ対処法♪

夏の暑さも引き、秋がやってきますね。夏から秋にかけて、季節の変わり目は肌の調子が悪くなる方も多いのではないでしょうか?特に夏は、紫外線をたっぷり浴びて、クーラーで冷やされた空間で過ごしているため、乾燥しがちです。さらに冷たいドリンクやアイスを食べる機会も多く、内臓が冷えて、それが肌の調子に表れて来ることもあります。

  • 更新日:

夏から秋にかけての肌状態

夏場は外で強い紫外線を浴び、メラニンが活性化され、シミなどの色素沈着が起こりやすくなっています。さらに、紫外線やクーラー等の影響により、とても肌が乾燥している状態です。このまま放っておくと、シミやしわ、色素沈着が肌に表れてしまいます。

現状の肌状態を理解したら、次は、お家でできる肌対策をご紹介します!

対策①:保湿をたっぷりしたケア

肌が乾燥していると、肌代謝が悪くなり、角層が厚くなっている状態です。定期的にピーリング機能が入ったクレンジングや酵素入りの洗顔を使い、化粧水が入りやすい肌状態を作るようにしておきましょう。
週に1、2度ほど、化粧水を染み込ませたパックを貼ることもおすすめです。
その後は、必ず乳液やクリームで蓋をすることを忘れずに。
夏場にクリームが重たいと感じる場合は、夏用のさっぱりしたクリームも販売しているので、探してみてくださいね!

対策②:クレンジング・洗顔を秋仕様にチェンジ

季節の変わり目は肌がデリケートな状態になっているので、
スキンケアでたっぷり与えるだけではなく、クレンジングや洗顔なども肌に優しいものに
チェンジしてみましょう。
おすすめはミルクタイプのクレンジングです。
肌が乾燥している状態なので、不必要に皮脂を取らず、汚れだけを優しく取り除いてくれる
クレンジングがおすすめです。
洗顔は、きっちりと泡だてて、いつも以上に優しく洗うように意識すると良いですね!

対策③:肌ダメージに合わせた美容液

夏の肌のダメージは人それぞれ。紫外線をたっぷり浴びた人は、保湿ケアと美白ケアができる美容液がおすすめです。肌がゴワゴワして気になるという人は、肌のターンオーバーを正常に戻してくれるような美容液を選びましょう。肌の色むらやくすみ、たるみが気になっている方はアンチエイジングの美容液を使うなど、夏に浴びた肌ダメージに合わせて美容液を選ぶと、肌感良く秋を迎えられますよ!

対策④:顔マッサージ

スキンケアの最中に、顔をマッサージすると、血行が促進され、肌つやがよくなります。
力を入れずに、肌をタップするように顔の下から上へ指でなぞってみてください。
決して力を入れず、美容液や乳液が手についている状態で行うと肌の滑りもよく、やりやすいです。


夏終わりにやっておきたい、肌対策をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
肌が荒れやすい季節の変わり目、荒れてしまってからでは対処するのが大変です。
そうなる前に、簡単にできる対策を始めてみてはいかがでしょうか?