サムネイル

暑い名古屋の夏を乗り切れ!知っておくべき日焼けのメカニズムとシミ対策♪

いよいよ本格的な夏到来。 夏といえば海に花火にお祭り・・・ちょっと待ってくださいね。 どれも日焼けするリスクの高いイベントばかりですよ! みなさん日焼けや紫外線についての知識・対策は十分ですか? 日焼けをあまり意識せずにいた方のために今回は紫外線について、 またその対策についてご紹介していきます!

  • 更新日:

①紫外線について

日焼けとは、要するに紫外線を浴びて肌が黒く焼けてしまうことですね。
7、8月は一年を通してもっとも紫外線量の多い季節です。
紫外線は過剰に浴びると、皮膚に大量のメラニンが生成されます。
人の皮膚にはターンオーバーと呼ばれる、細胞が再生する機能・新陳代謝という仕組みがありますが、過剰な紫外線はこのターンオーバーの限界を超えてしまいます。

放っておくと・・・

ターンオーバーで排出しきれなかったメラニンは肌に蓄積され、「シミ」としてそのまま肌に残ってしまいます。

日焼けしても時間が経てばまた色が戻るからいいや、と対策していない人もいるのでは?
怖いのは色が戻ってもシミとなって色素沈着してしまうことなんですよ!

まだシミがなくても、肌の奥に「シミ予備軍」として眠っている可能性も。

日焼けしやすい肌の特徴とは?

・年齢による代謝の低下
・加工食品、添加物が多い食品の摂取
・良質な睡眠ができていない
・運動不足による血行不良
・肌に十分な栄養素が行き渡っていない
・ストレスによって肌荒れしている状態である

ワンランク上の美白生活

①飲む日焼け止めを併用

塗る日焼け止めと併用して内側からもケアすることによって紫外線をダブル予防。

②週一で角質ケアを

角質が厚くなると、肌のターンオーバーに悪影響を及ぼし普段使っている化粧水なども成分が届きにくい状態に。

③炭酸アイテムを使おう

炭酸によって肌が酸欠状態だと錯覚し血行促進に繋がる。

これから本格的に夏が始まり、日差しの強い日が続きます。
「日焼けしてもまだ戻りやすいほうだし」「シミにもなっていないから」と油断せず、
今日からさっそく紫外線対策&毎日の美白ケアを!
憧れの白雪肌は日々の努力のたまものです。
暑い名古屋の夏、ひときわ目立つ美白で隣の女子と差をつけましょう!