サムネイル

名古屋めし!何本でもいけちゃう!人気の「味噌串カツ」おすすめ3選!

「辛そう!」「濃そう!」と思われがちの「味噌串カツ」ですが、食べてみると意外とあっさり!「味噌カツ」といえば名古屋めしの代表メニューの1つですが、その串バージョンである「味噌串カツ」も、昔から名古屋で愛されているB級グルメです。味噌だれにドボンとつけた串カツも、たまらない美味しさですよ♪

  • 更新日:

名古屋の串カツは、味噌で頂こう!

らりとした味噌だれ、どろっと濃い目の味噌だれ……とお店によってタイプはさまざま。お好きなお店を探してみてください!!
“串カツ”というと、大阪名物というイメージがあるかもしれませんね!?
でも、串カツは「名古屋めし」のひとつでもあるんですよ。
ただし、かけるのはソースではなくて味噌! これが名古屋流の串カツです。

のんき屋 (地下鉄 亀島駅)

串カツ、焼き鳥、おでんが一か所でどんどん出来上がっていく様子を見るのも楽しい、昔ながらの一杯飲み屋さんです。
基本的には地元の人で賑わっているお店なのですが、名古屋駅からも徒歩で行ける距離なので、新幹線に乗る前に1杯……という出張サラリーマンもけっこういるのだとか!?

串かつ(味噌)

味噌串カツにしたい場合は、味噌おでんの鍋の中へくぐらせてもらいます。
揚げたてが積まれた串カツの山から、自分で取って持っていくスタイル。
サクっと揚がった串カツは、ひとりで10本くらいは余裕でいけてしまうほど軽い!
濃い目の味噌だれがよく合います♪

焼き鳥系もおすすめです!
とくに内蔵系を辛いタレ焼きでいただく、ハツ、レバー、ホルモンなど、絶品ですよ!!

出典 https://retty.me

のんき屋の詳細情報

住所
愛知県名古屋市西区名駅2-18-6

営業時間
[月~金] 17:00~20:30 [土] 16:30~20:00(売り切れの場合は閉店が早まります)

定休日
日曜・祝日

平均予算
¥1,000~¥1,999

八幡屋 (地下鉄 亀島駅)

仕事帰りのサラリーマンや地元の人でいつも賑わっています。
名古屋駅から歩いて行ける距離にある、串カツとどて煮のお店です!
持ち帰りをする人も多く、串カツを家でのおかずにしたり、出張帰りに新幹線の中でビールと一緒につまむそうです♪
ランチでの利用も可ですよっ!

味噌串カツ

濃厚な味噌だれのかかったカツは、ご飯と一緒に食べてもよし、ビールのおつまみにもよし!!
しっかりした衣のサクサク串カツに、どて煮の味噌だれを合わせた味噌串カツです。
絶品です!

どて煮串も美味しいですよ!
何本でもいけちゃいます。
味噌おでんのことを「どて」と呼ぶ場合もありますが、名古屋で言う「どて煮」とは、牛すじやモツなどを味噌だれでじっくりコトコト煮込んだものです。

八幡屋の詳細情報

住所
愛知県名古屋市西区名駅2丁目18-7

営業時間
〔月〜金〕11:30〜13:00       
     17:00〜21:00(LO)(閉店21:30)
〔土曜日〕16:30〜20:00(LO)(閉店20:30)

定休日
日曜日・祝日(GW休、盆時期休、12月29日~翌1月5日休)

平均予算
¥1,000~¥1,999

どての品川 (名鉄/地下鉄 堀田駅)

昔ながらの串カツの人気店で、赤ちょうちんの周りはいつでも混雑しています。
昭和の時代にタイムスリップしたかのような佇まいの『どての品川』。
道路側の立ち席でいただくと、美味しさが一層アップしそう!
串カツを求めてテイクアウトしていく人も多数で、一度食べたらやみつきになるのだそうです♪

味噌串カツ

味噌鍋のなかにどっぷりとひたしていただく味噌串カツは、見た目に反して案外あっさりとしているんですよ。
衣が薄くて、小ぶりで、何本でもいける!という品川の串カツです。
ソースで食べたい場合は、テーブルに置かれたソースをたっぷりからめていただきます!

揚げ物も美味しいのですが、ネギマなどの焼き物も大人気! 塩加減バツグンで、こちらも何本でもいけちゃいます♪

どての品川の詳細情報

住所
愛知県名古屋市瑞穂区下坂町1-23

営業時間
17:30~21:00(LO20:40)

定休日
日曜日

平均予算
¥1,000~¥1,999

いかがでしたか?
行ってみたいお店はありましたか?
見ているだけでご飯が欲しくなるほど、美味しそうな味噌串カツばかりでしたね!
名古屋ではそこらじゅうで絶品味噌串カツがいただけるんですよ♪
軽めに名古屋めしを楽しみたいなら、絶対おすすめの味噌串カツ!!
ぜひ一度お試しくださいね。