サムネイル

名古屋名物「台湾ラーメン」「味仙」へ!激辛スープがくせになる!!

「名古屋名物」として浸透しつつある「台湾ラーメン」。「味噌カツ」や「ひつまぶし」ほど有名ではありませんが、「台湾ラーメン」も仲間入り!台湾ラーメンの元祖ともいわれる「味仙」はいつでも大人気! 最近東京にも進出した、中国台湾料理店「味仙」の魅力をじっくりとお伝えします!それでは、ご紹介させていただきます!

  • 更新日:

「台湾ラーメン」って!?

最初にこのラーメンを考えついた人が台湾人だったということで、この名が付いたそうです!
「台湾ラーメン」といっても、台湾の名物というわけではありません。

ひき肉、ニラなどを辛めの味付けで炒めたものが具で、スープのベースは醤油味なのが基本です。
今では、れっきとした「名古屋めし」の一つとなっており、名古屋では知らない人がいないというくらいメジャーなラーメンなんです。

「味仙」は、どんなお店!?

元は創業60年という老舗の台湾料理店で、台湾ラーメンは1970年代にお店のまかない料理として考案されたのだとか!?
「台湾ラーメン=味仙」という図式ができあがっている、といっても言い過ぎでは無いほど、名古屋では「台湾ラーメンのお店」として浸透しています。
本店は名古屋市千種区今池にあり、名古屋市内にいくつか店舗があるようです。
今年は東京にも進出したんですよ!

それでは、台湾ラーメンをご紹介します!

辛さは調節ができるので、辛いのがあまり得意でない人でも大丈夫ですよ♪
「味仙」で味わえるおいしいメニューは、台湾ラーメンだけではありません!
でもまずはやっぱり、看板メニューの台湾ラーメンを食べてみてください!

台湾ラーメン(アメリカン)

台湾ラーメン(アメリカン)とは、辛さ控えめの台湾ラーメンのことなのです。
台湾ラーメン?アメリカン? 一見、何のことだかわかりませんよね!?
アメリカンは、お察しの通り、コーヒーのアメリカンから取ったネーミングです!
唐辛子が控えめで食べやすくなっています。

台湾ラーメン(イタリアン)

コーヒーで言うと「エスプレッソ」のようなイメージでしょうか!?
「イタリアン」とは、「アメリカン」の対極にある辛めの台湾ラーメンです。
唐辛子の粉がたっぷりで、見た目からして辛そうです。
ちなみに、「イタリアン」という呼び名は、味仙本店だけでしか通用しないという情報もありますので、メニューを確認してから注文してくださいね!

他にもいろいろ!おすすめメニュー

代表的なものをいくつかご紹介しましょう!!
『味仙』へ行くと、台湾ラーメンだけではなく、ほかにも注文したくなる定番メニューがたくさんあります!

青菜炒め

『味仙』の青菜炒めは、たっぷりのニンニクとシャキシャキの青菜がたまらない一品。ビールのおつまみにも最高ですよ!
「必ず注文してしまう」という人も多いそうです!

手羽先

「味仙」の手羽先は、1人前が4本。唐辛子がたっぷり効いた、甘辛いタレにしっかり漬け込まれていて、とってもスパイシー。
マストアイテムとしての呼び声が高いのは、やっぱり手羽先です!
名古屋名物ですもんね♪
ビールが進みますね~♪
お肉は柔らかく骨離れが良いので、食べやすいと絶賛の一品です!

チャーハン

ラーメンと合わせて食べるとお腹いっぱいになってしまいますが、この組み合わせで食べている人、多いようです!
何の変哲もないようなシンプルなチャーハンなのに、やみつきになってしまう!!
そんな魅力のあるチャーハンですよ。

コブクロ

冷たいお惣菜なので少しだけ辛味が控えめに感じられるかもしれませんね!
ラーメンやチャーハンを待つまでの前菜的につまみたい一品です。
こちらも多くの人が注文していますよ。

味仙 今池本店の詳細情報

住所
愛知県名古屋市千種区今池1-12-10

営業時間
17:30~翌2:00

定休日
年中無休

平均予算
昼 ~¥999
夜¥1,000~¥1,999

いかがでしたか?
辛いものが好きな人なら、きっと満足できますよ♪
台湾ラーメン未体験の人は、一度食べてみたくなったのではないでしょうか?
どのお店も、なんとなく異国情緒が漂う異空間。雰囲気も一緒に楽しんでみてください!
もしこの味にハマったら、各店舗を巡ってみましょう♪
「私のお気に入りは◯◯店!」なんて言えるようになるかもしれませんよ。