サムネイル

レゴランド値下げ決定!!名古屋【レゴランド】に行く前に知っておきたい楽しみ方!

2017年4月1日にオープンしたレゴランドは日本初上陸として連日大変話題となっています。「できたのは知っているけれど行ったことがない」「レゴランドはつまらない」「値段が高すぎる」など様々な意見を耳にします。果たして本当の真実はどうなんでしょう?笑 今回はレゴランドの知っておきたい事をまとめました。

  • 更新日:

レゴランドジャパンが2018年7月19日〜入場料大幅値下げ決定!!

レゴランドジャパンから入場料が大幅値下げされる事が発表されましたね!

夏休みや年末年始の繁忙期と通常時期と分け

子供料金は5300円⇒3700円(繁忙期4500円)
大人料金は6900円⇒5000円(繁忙期6900円)

と大変行きやすくなりましたね♪

①パスポートをお得にGETしよう!

通常のパスポートは当日1DAYパスが【おとな(13才以上)6900円、こども(3才〜12才)5300円ですが、7日前に購入すると5300円で購入することができます。レゴランドに行く!と決めたら真っ先、パスポートを購入しましょう!パスポートは、インターネットまたはセブンイレブンで購入できます。

年間で3回以上レゴランドジャパンに行くなら年間パスの方が入場料がお得です!!

大人→17,300円
子供→13,300円

名古屋マリオットホテルはレゴランドのパートナーホテルとなっています。

②「MINI LAND」で日本一周?

MINILANDは、レゴを使って日本や世界の名所や建物を再現したエリアです。このエリアは、世界各地の「レゴビルダー」と言われるレゴ作りのプロが作り上げています。

日本中の東京、大阪などの観光地を10カ所ロゴで再現!!使われたロゴはなんと、、、10,496,352個!!

出典 https://www.nobitalk.com/topics/12

北は北海道の雪まつりから始まり、東京のお台場や浅草、大阪の道頓堀などが再現されています。ちなみに名古屋は名古屋城とナゴヤドームです!ナゴヤドームを観ると観客席で応援しているレゴの服と表情が違っているので、細かいこだわりを見るのも楽しいですね。1つ1つのエリアに、物語が隠れているのでその物語を細かく観ていると時間が足りないかもしれません。

ミニランド ナゴヤドーム

ライトアップされた東京!!

③レゴ×水族館?異空間を楽しめるアトラクション!

アドベンチャーエリアにある「サブマリン・アドベンチャー」に足を運んでほしいです。レゴダイバーになって、潜水艦で海底にある秘密の古代遺跡を探検するアトラクションです。たくさんの魚が泳ぐ海に、所々にレゴが隠れている海。レゴと水族館の気分が味わえるのは、レゴランドだけ!是非体験してほしいアトラクションです。

「サブマリン・アドベンチャー」

④できたてのレゴブロックを手に入れよう!

「レゴ・ファクトリー・ツアー」ではレゴブロックを作っている現場と歴史を見ることができます。大きなスクリーンでレゴブロックがどう作られているか見た後は、工場に足を進めます。機械がレゴブロックを運んでいる姿をガラス越しに観ることができます。レゴブロックを作っているのは日本でここだけ!ということで、気分が上がります。工場見学後、出来立てのレゴブロックがもらえます!一味違うおみやげになるので、嬉しいですね。

レゴ・ファクトリー・ツアー

⑤ミニフィズで一味違った楽しみ方を!

実はスタッフの名札の上の小さい人形がいます。この人形は「ミニフィズ」と言います。このスタッフの名札についているミニフィズと自分の持っているミニフィズを交換できます!ミニフィズはレゴランドのいたるところで購入することができます(550円)。もし人と違ったミニフィズが欲しいという方は「ビルド・ア・ミニフィズ」に足を運んでみてください。ここではオリジナルのミニフィズを作ることができます。髪型や表情、服や履物など細かいところまでカスタマイズして自分だけのミニフィズを作ってみましょう。(3つで1200円)レゴランドのスタッフとの関わりを楽しむというのも、レゴランドの楽しみになるのではないでしょうか?

⑥いかがでしたか?

今回は、レゴランドに行く前に知って欲しいおすすめポイントをまとめました。実はレゴランドでは、インスタ映えするスポットがたくさんあるので、写真撮影を楽しむこともできます。まだまだ魅力が盛りだくさんのレゴランド。一度足を運んで、あなたのレゴランドでの楽しみを見つけてみてください!