サムネイル

「名古屋で食べたい、おすすめのパンケーキ店2選」名古屋パンケーキ

「甘いものが食べたい!しかも一口サイズのスイーツじゃなくてボリュームのあるものがいい」と思っているなら、パンケーキなどいかがでしょうか。厚みのあるパンケーキ、その上にふんだんに盛り付けされた生クリームやフルーツは見ているだけでおいしいのがわかります。ここではNAGOYAJINが名古屋で食べたいパンケーキ店を紹介します。

  • 更新日:

①はちの巣カフェ 西区店

浄心駅からすぐ近くにあるこのお店の魅力は、厚さにこだわったパンケーキです。

パンケーキと言えば、そのパンの厚さは絶対に外せないポイントの1つですよね。しかも、ただ厚いだけではなく、同時にふわふわの生地も再現しているから驚きです。

店内は「はちの巣」という店名だけあって、黄色を基調としたオシャレなつくりとなっています。

まるで実際にはちの巣の中に入り込んでしまったかのような、そんな気持ちになります。

また、「はちの巣カフェ」には毎月8日、18日、28日と8(はち)がつく日は「はちの巣DAY」というイベントを開催しています。

なんとその日に行くと、パンケーキ8枚が888円、QBT(キュービックトースト)+ドリンクが通常1788円のところ、こちらも888円という値段で提供してくれるんです。

これは嬉しいですね!是非この日は予定を空けておきましょう。

「はちの巣カフェ」の目玉はまずはなんといっても厚みのあるパンケーキ。
トッピングはメープルクリームをはじめ、ベリー系、小倉、プレーンもいいかもしれません。
そして、外せないのがお店で次世代スイーツとして提供しているQBT(キュービックトースト)です。
厚みのあるデニッシュパンにこれでもかとトッピングをほどこした1品です。季節限定商品でもあり、季節によっていろいろな味を楽しめますよ。

【店舗情報】
【店名】  はちの巣カフェ 西区店
【お問い合わせ】 052-528-3208
【営業時間】 7:00~17:00
   モーニング:7:00~11:00
     ランチ:11:00~15:00
【定休日】 不定休
【アクセス】 愛知県名古屋市西区城西5-18-13 第5和興ビル 1F

②Saku Cafe

なんとも可愛らしい響きのこのカフェの売りは、卵と牛乳を使わないパンケーキです。

パンケーキの弱点、それはカロリーが恐ろしいことになってしまうというものでしたが、サクカフェでは卵と牛乳を使っていない分、とてもヘルシーになっています。

ヘルシーさだけではなく、人気の秘密はその新触感。文章では表現できないのが残念ですが、新触感とはいったいどのようなものなのかは、実際にご自身で一度食べてみるしかわかりません。

そして、「Saku Café」に来たら外せないのが、「リコッタチーズパンケーキ」。

卵と牛乳は使わずに、リコッタチーズを作る過程で生まれるホエーという粉を使用しています。そのため非常にヘルシー。

お店によると、生地はお米を意識して甘さは控えており、ほんのりとした口当たりを楽しむことができます。

そして、パンケーキのお供にはハーブソルト、つまり塩で食べるのがおすすめです。

いったいどんな味に待っているのか、全く予想できませんね。是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
【店名】 Saku Café(サクカフェ)
【お問い合わせ】 052-880-0039
【営業時間】 9:00~20:00(L.O19:30)
【定休日】 不定休
【アクセス】 愛知県名古屋市中川区高畑5-34-5 サンマンション1F