サムネイル

名古屋でのしだれ梅を見るなら絶対ここ!!

名古屋でもそろそろ見ごろを迎えるあでやかなしだれ梅を満喫できる 有名スポットをご紹介いたします!ぜひ!ご参考にしてみてくださいね♪

  • 更新日:

見ごろを迎えるあでやかなしだれ梅を満喫

早春の風物詩となっている、名古屋市農業センターのしだれ梅まつりが開催。

紅梅、白梅あわせて約700本が見ごろを迎え、あでやかな景観が広がる。

期間中は朝市・青空市、大道芸、盆栽展など、観梅とあわせて楽しみたい催しも行われる。

名古屋市農業センターしだれ梅まつり開花情報や見頃時期

愛知県名古屋市天白区にある名古屋市農業センターは、農業技術の研究および指導の他、

それらを住民に公開することで農業知識の向上を高めることを目的に、昭和40年に開設されました。

敷地内には、牛や羊などが放牧飼育されている他、

名古屋コーチンの雛の最大生産地としての側面を持っています。

また近年では、農業公園としての役割も強くなっており、

花壇や散策路が整備され市民の憩いの場となっているだけではなく、

春になると12品種700本のしだれ梅が咲き誇り、国内有数のしだれ梅の名所としても知られています。

梅の名所は全国に数多くありますが、しだれ梅がこの規模で咲く場所というのはなかなかありません。

ゆえに名古屋市農業センターのしだれ梅は全国屈指とも言われ、

梅の開花時期には周辺の道路が平日であっても渋滞を起こすほどの盛況となります。

しかしながら、その渋滞を以てしてもしだれ梅独特の優美さや風に揺れる様子は、

一度でいいから見てみたいと思わせるものなのかも知れませんね。

では、今回はそんな名古屋市農業センターのしだれ梅と、

しだれ梅まつりについてもう少し詳しく調べてみましょう。

2018年の名古屋市農業センターしだれ梅まつりの日程や梅の見頃時期や開花情報♡

梅の見頃時期:2月下旬~3月中旬

しだれ梅まつりの開催日程:2018年2月23日~3月21日

開催時間:09:00~16:30

住所:愛知県名古屋市天白区天白町大字平針字黒石2872-3

TEL:052-801-5221

名古屋市農業センターの梅の見どころや楽しみ方!

しだれ梅まつりの期間中は、地元農家が新鮮野菜を即売する青空市や、

大道芸の開催、小動物とのふれあい広場など数多くのイベントが開催されます。

さらには、農業センターの売店では搾り立ての牛乳や、

その牛乳を使ったソフトクリームを食べることも可能ですし、温室の花を見て回ったり、

天然記念物の鶏(東紅天)の孵化が見られるチャンスがあるなど、

農業センターのメリットも最大に楽しむことができます。

名古屋市農業センターのアクセス方法や駐車場について

電車の場合

地下鉄舞鶴線『平針駅』から徒歩20分。もしくは『平針駅』より名鉄バス祐福寺、

ないし前後行きに乗車後、『荒池』で下車、徒歩7分。

地下鉄舞鶴線『平針駅』から市バス『地下鉄原』行きに乗車後、

『農業センター北』で下車、徒歩5分。

車の場合

名古屋第二環状道『植田IC』下車後、国道302号を走行し、県道56号を経由して約10分。

駐車場について

第一駐車場190台、第二駐車場34台収容可能な有料駐車場あり。一日500円。

名古屋市農業センターしだれ梅まつりのまとめ

しだれ梅は、目の前まで枝が垂れ下がっているため梅の花をじっくりと観察できますし、

何より梅の香りを強く感じることもできますよね。

また、観梅に欠かせない美味しい物が豊富なのも、

「花より団子」な女子としては嬉しい限りです。