サムネイル

名古屋が誇るミニシアター♫シネマスコーレ!!

名古屋の隠れ家☆意外と知られていませんが、名古屋は大きなシネマコンベンション略してシネコンのような映画館だけではなく、数多くのミニシアターがあります。多くのシアターでは、シネコンでは見ることができないような通好みの映画を上映しています♪NAGOYAJIN

  • 更新日:

名古屋にあるミニシアター

多くのシアターでは、シネコンでは見ることができないような通好みの映画を上映しており、

実は映画ファンにとっては名古屋は一つの聖地のような場所であったりします。

そんな名古屋にあるミニシアターの一つがシネマスコーレです。

1983年創業、名古屋にあるミニシアターの中ではそれほど歴史は古くありません。

ですが、あの故若松孝二監督が運営に携わり、オーナーを務めたことでも知られる、

名古屋を代表するミニシアターでもあるのです。

上映される映画は主に日本のインディーズ映画やアジア映画です。

多くのシネコンでは金銭的な問題などから上映することのできない映画をここでは上映してきました。

数多くの無名映画監督のインディーズ作品から、社会的な問題を扱い、

上映が困難だったもの、芸術性の高い映画などなど多岐にわたります。

若松孝二監督が亡くなるまで観客の多さ、

収益の高さでは計るのことのできない数多くの本当のいい意味での

「名作」がここで上映されてきました。また、若手映像作家の一つの登竜門にもなっていたのです。

若松監督は2012年にくしくもなくなられます。

ですが、現在もその意思を組み、本当に面白い、

価値のある映画をスタッフと時には監督や作家が一丸となって、上映しているそんな映画館です。

これ以外にも映画の自主上映会を開催していて、いい映画の普及活動にも取り組んでいる、

映画好きのための映画好きによる映画館といえます。

 チケットは大人1700円ほかのミニシアターや名画座に比べると若干チケット代は高めですが、

それをはらう価値のある映画館です。

最近の上映作品で個人的に非常に気になっているのは寅さんでおなじみ「男はつらいよ」です。

寅さんというとテレビで見るものだった私としては映画館で見る寅さんどんなものか非常に気になっています。

シネコン型の映画には飽きた、人とは違う体験をしてみたい!

そんな方におすすめの映画館といえます♪

おすすめです!!