サムネイル

名古屋名物 ひつまぶし 地元民が教える失敗しないお店3選!

名古屋の名物と言えば、やっぱり「ひつまぶし」は外せません。 これを食べなければ、名古屋の味を堪能したとは言えないでしょう。 名古屋には、美味しいひつまぶしがいただける名店が多数あります。 その中から最も美味しいと思われるお店を3店舗、紹介していきます。

  • 更新日:

明治6年に創業された「あつた蓬莱軒 本店」

このお店は、備長炭で香ばしく焼いたうなぎを使ったひつまぶしが有名です。

明治時代から継ぎ足されてきた秘伝のタレ、が使われています。

脂が乗り美味しく焼き上げられたうなぎが、おひつの中に敷き詰められていて至福の時を堪能できます。

以前は熱田神宮の境内にあったのですが、現在は徒歩で行ける距離に移転して営業し続けています。

名古屋の名物であるひつまぶしを、思う存分堪能したいのであれば「あつた蓬莱軒 本店」で決まりです。

ふっくらと焼かれたうなぎを食べたいなら「大和田」

お店が開店したと同時に、行列ができるのが「大和田」です。

こちらのお店は熱田にあり、ふっくらとしたうなぎが美味しいと常連客に人気です。

炭火で丁寧に焼かれたうなぎは、外がカリッと中がフワッとしていて絶品です。

これぞうなぎの美味しさという味が口いっぱいに広がり、特別な一日を過ごすにはピッタリな料理です。

常連客を大切にしているお店なので、テレビの取材はすべて断っているようです。

テレビでは放送されないため知る人ぞ知る名店なので、ひつまぶしを食べに「大和田」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

味とコスパ、ボリュームの三拍子が揃う「たてまつ」

ひつまぶしを安く食べたい、満腹感を得たい、でも味にもこだわりたいという人は、

「たてまつ」がおすすめです。

「たてまつ」は香ばしくカリッと焼かれたうなぎが絶品で、

その職人技を堪能したいと県内のみならず県外からもお客さんが来る盛況ぶりです。

また「たてまつ」にはご飯大盛りメニューもあり、

おひつからはみ出たご飯の上にうなぎが載っている姿は圧巻です。

どんなに空腹の方でも、お腹をいっぱいにしてくれるほどのボリュームがあります。

こちらのお店は名古屋から車で30分と少し離れた場所にあるのですが、

名古屋市内から常連のお客さんが食べに訪れます。

ひつまぶしを2,000円から堪能できるのも嬉しい点です。

安くて美味しいひつまぶしを、お腹いっぱいになるまで堪能したい人は

「たてまつ」を訪ねてみましょう。

名古屋名物のひつまぶしは高いというイメージがありますが、

お店によって料金も様々で安いものでも美味しくいただけます。

どのお店も丁寧に焼き上げていて、カリッとした食感とフワッとしたうなぎの柔らかさが堪能できます。

また炭火で焼いた香りも香ばしく食欲をそそられるので、おひつ1つ分が多いと感じるのは初めだけです。

食べ進めていくと、もう少し食べたかったなと思うくらいペロリと食べられます。

うなぎの脂もしつこくありませんし、薬味を混ぜて楽しんだりだし汁と一緒にいただくと、

最高のひと時を体験できるでしょう。